善玉菌サプリの効果

善玉菌の効果的な摂取にサプリメントが欠かせないワケ

善玉菌を効果的に摂取するならサプリがお勧めです。何故ならサプリの方が生きて腸にまで届きやすく、効果が高いからです。

 

善玉菌を含んでいる食品はヨーグルトなどの発酵食品がありますが、このような食品を食べても胃の中で消化されるため胃酸によって死んでしまうのです。死んだ善玉菌でも腸の中で他の菌を助けたり、腸の中の掃除をしてくれるのでそれなりに腸内環境を整える効果はありますが、生きた善玉菌に比べると効果は少なくなってしまいます。

 

また善玉菌は排便と共に体の外に排出されてしまいます。その為毎日補うのが理想的ですが、毎日同じ物を食べ続けると飽きて続かなくなる人もいます。また高齢者など食が細くなっている人は必要な量を食べるのが大変な場合もあります。

 

サプリなら簡単に飲み続ける事ができる上、必要な量の菌を腸にまで届けることができます。また食事から摂らないですむので、カロリーも低く抑えられます。体重が気になる人にも最適です。

 

またサプリの中には食事では不足しがちな食物繊維が含まれていたりカルシウムが含まれているものもあります。善玉菌だけを摂取するよりもさらに健康効果が高くなります。試してみようかなと思ったときは、品質の良いものを選ぶためにも乳酸菌サプリメントの選び方を一読しておくと良いです。

 

定期的に飲み続けることで腸内環境を整え、便通を促します。腸には多くの免疫細胞が集まっているため免疫力をあげて病気にかかりにくくし、アレルギー症状などを改善します。また大腸がんなど腸の病気を防いでくれる他、血流を良くして動脈硬化や高血圧の症状を改善します。

 

継続することで得られる効果

 

ヨーグルトなどの乳製品に含まれることで知られている善玉菌には、人間の体にとても良い効果をたくさん与えてくれることをご存知でしょうか。

 

摂取するメリット

腸内環境を正常に保つ

一つ目に、腸内の環境を正常に保つ働きがあります。腸の中には数多くの細菌が存在しており、その中には身体に良い影響を与えてくれる善玉菌と、身体に害を及ぼす悪玉菌の2種類が存在しています。

 

生活習慣や食生活の乱れ、ストレスによって腸内の悪玉菌はどんどん増加していきます。この悪玉菌は、生活習慣病の原因とされる活性酸素の生成に大きく関わっています。一方、善玉菌は腸内で乳酸や酢酸などを生成して強い酸性にすることで、悪玉菌を死滅させ増殖するのを抑制してくれます。

 

癌の予防

二つ目に、癌の発生を抑制する効果があるということです。これは最近確認されたことで今注目されている働きです。悪玉菌が増えると、腸の免疫も低下し発癌物質に対する抵抗力も低下してしまいます。ところが、善玉菌が乳酸や酢酸と同時に作り出す酪酸という物質に、癌を抑制する効果があることが確認されたのです。

 

老廃物の排出を促す

三つ目に、整腸作用です。腸内環境を良くする代表でもあるビフィズス菌は、代謝の際、短鎖脂肪酸という物質を作り出します。この短鎖脂肪酸には、大腸の粘膜を刺激してぜん動作用を活発にする働きがあります。これによって排便が促され便秘や下痢を防ぎ、腸内に老廃物が溜まるのを防止してくれるのです。

 

コレステロール値を下げる

四つ目にコレステロールを下げる働きがあります。善玉菌の菌糸には、コレステロールやこれらから合成される胆汁酸と結合して体外へ排泄する働きがあり、この働きによって血圧を下げてくれます。このように、善玉菌には素晴らしい効果がいくつもあるのです。

善玉菌は腸内環境に良いということが良く知られています。その善玉菌には乳酸菌とビフィズス菌と言う菌があり、それぞれにいろいろな種類があります。

 

乳酸菌

乳酸菌はよく耳にすることがありますが、ブドウ糖などの糖類を使って乳酸を言う酸性物質を作り出す微生物のことです。

 

チーズやヨーグルト、味噌などの発酵食品を作る際に使われています。腸内の悪玉菌の繁殖を抑えて、腸内菌のバランスを保つ働きをするので便秘の改善やコレステロールの低下、免疫力の向上などに効果があるのが特徴です。

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌は乳酸菌の一種でもあり酸素があるところでは生きていけないので、腸内でも酸素の少ない大腸に主に存在するという特徴があり、乳酸菌は糖を分解して乳酸を生産しますが、ビフィズス菌は乳酸と酢酸を生み出す働きがあります。

今やヨーグルトはスーパーはもちろんコンビニエンスストアなどでも容易に購入することができます。これは乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させて作っているもので、酸味があるのが特徴です。

 

ヨーグルトは健康によいと言われています。それは乳酸菌という善玉菌を多く含んでいるためです。

 

腸内細菌は善玉菌と悪玉菌に分けることができます。善玉菌は健康維持、悪玉菌は害を及ぼす細菌で腸内で腐敗がすすむと疾患が起こりやすいことがわかっています。

 

善玉菌は乳酸菌やビフィズス菌といった細菌で、有機酸を作るものが多いのです。悪玉菌はこの有機酸が多い環境では生育しにくいものが多いため、悪玉菌を減少させることができます。

 

このようにヨーグルトの乳酸菌などを摂取することによって、免疫力が高まったり、花粉症にも効果があると言われ、下痢や便秘を改善し腸内にある悪玉菌が減少しアンモニアが減るという結果が出ています。

善玉菌とは、腸内細菌の一種で人の消化・吸収を促進させて、免疫力を高めるなどの有益な働きをする細菌のことをいいます。腸内ビフィズス菌、腸球菌、ユウバクテリウムなどが代表的とも言える善玉菌です。

 

手軽に善玉菌を補給する食べ物と言えば発酵食品である、「ヨーグルト」や「漬物類」、「みそ」や「ナチュラルチーズ」、「牛乳」などに多く含まれています。

 

善玉菌を増やすのではなく、腸内で育てるにはオリゴ糖やグルコン酸などの餌となる栄養を摂ることも効果的で、多く含む食材は「蜂蜜」や「ポン酢」などが有効とされています。

腸内には100〜1000兆個ものたくさんの菌が存在していますが、大きく分けて腸に良い影響を与える善玉菌、悪影響を与える悪玉菌、そのどちらか数の多い方にその都度つく日和見菌の3タイプに分けられます。

 

このバランスが崩れて悪玉菌が増えてしまうと、善玉菌が減るという事で、善玉菌が多いと活発であるはずの腸の蠕動運動が弱まり、便の流れが滞りスムーズに排出する事ができなくなり便秘になってしまい、健康や美容に支障をきたす事になってしまいます

 

善玉菌に代表とされる菌はビフィズス菌と乳酸菌があります。これらの菌を増やすためにはこれらの菌の入った食品を食べる事が近道です。

今では、知らない人が無いというくらい、お馴染みになったものとして、善玉菌や悪玉菌といった言葉を、よく耳にするようになってきました。それ程にまで、人の体の中で良い作用や、また悪い作用として働くこの菌のために、体がそれなり応じるようになってしまいます。

 

通常、健康な人の場合でしたら、善玉菌が沢山腸内にあり、有利になっているので、毎日の生活の中でも、特に便秘になることも無く、それに反し、下痢になってしまうこともありません。

 

しかしこれが一旦、悪玉菌が増えることにより、腸内のバランスが崩れ、お腹の中でガスが溜まったり、便秘は勿論のこと、色々な体調不良を、訴えるようになってしまいます

 

その原因になっている悪玉菌も、さまざまな要因を伴って、そのような状態になってしまっているものです。日常の食事一つとっても、繊維の無い柔らかなものばかりといった、食事内容では、当然のごとく腸内に、良い善玉菌を増やすことができません。

人間の腸内には腸内細菌と言われる細菌が数多くいて、その種類は乳酸菌を代表するような善玉菌と悪玉菌が存在します。健康な人の腸内の環境は、善玉菌と悪玉菌が上手に保たれていると言われています。

 

免疫力は加齢と共に年々減少していくものと言われていますので、身体全体が衰えていくことで正常な免疫細胞が作れなくなってきます。善玉菌は腸内を酸性にする効果があって、病原菌を退治したり、免疫力を高める効果があります。

 

乳酸菌やビフィズス菌などが該当するもので、食べ物の吸収や消化を促進してくれたり、腸管運動の促進やビタミンの合成などの働きを行います。腸内細菌は腸の中に住みつくことによって、壁面を覆って侵入してきた有害な菌の増殖を防ぐことで、体内の環境を守ってくれます。

腸内細菌には善玉と悪玉があり、その二つの菌のどちらかの割合によって腸内バランスが決まります。なので、善玉菌が悪玉菌より多いことが腸内環境に良いとされいています。

 

悪玉菌が優勢になると、便秘や腐敗による腸内悪化だけでなく、有害物質が腸壁が吸収し、血液によって体内を巡ってしまいます。黄色ブトウ球菌などウイルス感染症にも関わってしまいます。一方、善玉菌は、食べたものを分解し、腸内を酸性にして悪玉菌を減らしてくれます。

 

その代表といえば、ビフィズス菌などの乳酸菌で、胃酸などの消化液にも強く、酸素があっても生きられるので、生きたまましっかり腸まで届いて、整腸作用を促してくれる事で知られています。

腸内に悪玉菌が増えてしまうと腸内に老廃物が溜まりポッコリお腹の原因となってしまいます。腸内に老廃物が溜まりお腹がポッコリしてくるということは老廃物の分、体重も増えることになります。

 

腸内の老廃物によりポッコリしてしまったお腹を解消するためには腸内の善玉菌を増やす必要がありますが腸内の老廃物を排泄をさらに促すために軽い運動も同時に行いましょう。善玉菌と軽い運動をセットで行うことでポッコリお腹のダイエットだけでなく全身のダイエットへとつながります。

 

善玉菌を多く含んでいる乳酸菌やビフィズス菌を手軽に摂れる食べ物といえばヨーグルトを思い浮かべるのではないでしょうか。ヨーグルト以外の食べ物でも善玉菌を手軽に摂れることができます。

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在するというのは良く知られていますが、それらとは別に日和見菌と呼ばれるものも存在するというのはご存知でしょうか。日和見菌は善玉・悪玉いずれにも属さず、健康な状態の時にはビタミンを合成したりするなど、特に大きな問題のない細菌です。

 

しかし腸内で悪玉菌の数が増えてくると日和見菌は悪玉菌と共に働いて有害物質を作るなど、身体に様々な悪影響をもたらします。

 

具体的には硫化水素やアンモニアといった有害物質や発がん性物質を作る他、腸内を腐敗させて便秘や下痢を引き起こしたり、免疫力を低下させるなどといった働きをするようになります。

 

ですから日和見菌が悪玉菌とともに悪い働きをしないようにするためにも、腸内の善玉菌を増やす必要があるのです。善玉菌は悪玉菌による悪影響の抑制の他、ビタミンの合成、腸内環境を整えることで便秘や下痢の予防、また食物の消化吸収を促します。さらに免疫力を向上させる働きもありますので、感染症や風邪にかかりにくくなります。

便秘や下痢を防いで腸内を健康に保つためには、腸内フローラと呼ばれる腸内細菌の集合体を整える必要があります。腸内細菌の数は100兆個以上もあり、悪玉菌が増えて環境が悪くなりますと、この腸内細菌の総数も減ります。

 

腸内細菌は大きく分けて、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌、病原性大腸菌などの悪玉菌、その多い方に味方する日和見菌があります。

 

このうち、大切なのは善玉菌の割合を増やすことです。善玉菌はストレスや加齢、飲酒などで簡単に減ってしまいますから、常に増やす必要があるのです。

 

善玉菌を増やせれば、日和見菌も善玉菌に味方しますので、悪玉菌を減らせるわけです。理想的な割合としては、善玉菌3、悪玉菌1が良いです。

 

善玉が10のほうが良いようにも思えますが、実は悪玉菌にも役割がありますので、これをゼロにするのもよくないのです。また、善玉を増やすように努力すれば、上記の割合に自然と近づいていきます。