乳酸菌とビフィズス菌の作用

善玉菌の種類と特徴その働き

善玉菌は腸内環境に良いということが良く知られています。その善玉菌には乳酸菌とビフィズス菌と言う菌があり、それぞれにいろいろな種類があります。

 

乳酸菌

乳酸菌はよく耳にすることがありますが、ブドウ糖などの糖類を使って乳酸を言う酸性物質を作り出す微生物のことです。

 

チーズやヨーグルト、味噌などの発酵食品を作る際に使われています。腸内の悪玉菌の繁殖を抑えて、腸内菌のバランスを保つ働きをするので便秘の改善やコレステロールの低下、免疫力の向上などに効果があるのが特徴です。

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌は乳酸菌の一種でもあり酸素があるところでは生きていけないので、腸内でも酸素の少ない大腸に主に存在するという特徴があり、乳酸菌は糖を分解して乳酸を生産しますが、ビフィズス菌は乳酸と酢酸を生み出す働きがあります。

私たちの大腸内に存在する善玉菌のほとんどはビフィズス菌で、乳酸菌はビフィズス菌が生きて働きやすい環境を作る働きをしています。

 

ビフィズス菌にもいろいろな種類があり、乳製品などに含まれたり配合されている高生存ビフィズス菌BE80、SP株などは有名です。様々な種類がありますが、すべてのビフィズス菌には共通して腸を酸性にし、悪玉菌の増殖を抑える働きや栄養素の消化吸収を助ける働きがあります。

 

このように腸を健康に保つために働く善玉菌ですが、増やしていくためには食物繊維とオリゴ糖を意識的に摂ると良いです。食物繊維は穀物、イモ類、豆類、海藻、きのこ類、ごぼうなどの野菜に多く、オリゴ糖はタマネギ、大豆、バナナなどに多く含まれています。毎日の食事にバランスよく取り入れるようにすると良いでしょう。