健康的な毎日のためにヨーグルトを食べよう

健康づくりのためにヨーグルトを習慣にしよう

今やヨーグルトはスーパーはもちろんコンビニエンスストアなどでも容易に購入することができます。これは乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させて作っているもので、酸味があるのが特徴です。

 

ヨーグルトは健康によいと言われています。それは乳酸菌という善玉菌を多く含んでいるためです。

 

腸内細菌は善玉菌と悪玉菌に分けることができます。善玉菌は健康維持、悪玉菌は害を及ぼす細菌で腸内で腐敗がすすむと疾患が起こりやすいことがわかっています。

 

善玉菌は乳酸菌やビフィズス菌といった細菌で、有機酸を作るものが多いのです。悪玉菌はこの有機酸が多い環境では生育しにくいものが多いため、悪玉菌を減少させることができます。

 

このようにヨーグルトの乳酸菌などを摂取することによって、免疫力が高まったり、花粉症にも効果があると言われ、下痢や便秘を改善し腸内にある悪玉菌が減少しアンモニアが減るという結果が出ています。

様々なタイプがあるので飽きずに続けられるのも魅力

日本ではこのような理由もあり、広く市販されて普及しています。そのタイプはプレーン、ハード、ソフト、フローズン、ドリンクといったものに分類され、プレーンは乳製品のみを調合し発酵させたもので、ハードは固形タイプで甘味料などが加わりより食べやすいものになっています。

 

ソフトは発酵後に攪拌してやわらかくしたもので、フローズンはアイスクリームのようにフリーズさせ、ドリンクは液状にしたものです。このようにいろいろなタイプのヨーグルトがあり、毎日摂取することで腸内の善玉菌を増やして健康維持することができます