腸内環境のために積極的に摂りたい食品

善玉菌を多く含む食品

善玉菌とは、腸内細菌の一種で人の消化・吸収を促進させて、免疫力を高めるなどの有益な働きをする細菌のことをいいます。腸内ビフィズス菌、腸球菌、ユウバクテリウムなどが代表的とも言える善玉菌です。

 

手軽に善玉菌を補給する食べ物と言えば発酵食品である、「ヨーグルト」や「漬物類」、「みそ」や「ナチュラルチーズ」、「牛乳」などに多く含まれています。

 

善玉菌を増やすのではなく、腸内で育てるにはオリゴ糖やグルコン酸などの餌となる栄養を摂ることも効果的で、多く含む食材は「蜂蜜」や「ポン酢」などが有効とされています。

善玉菌を育てるための栄養となる食べ物

また、善玉菌の栄養となる食べ物は食物繊維が豊富な食べ物で、「穀物類」や「芋類」、「豆類」に「干し椎茸」「切り干し大根」などの乾物、食物繊維が多くオリゴ糖も含まれている「ごぼう」そのほか、「海藻類」や「きのこ類」「こんにゃく」などにも食物繊維は豊富に含まれています。

 

そのほか、「納豆」には悪玉菌を殺す働きがあり、腐敗菌の増加を抑制して、納豆菌が腸内で善玉菌となり増加を促進させる働きもあります。腸内環境を整えることができ、コレステロールを抑える効果やがんの発生を抑える効果、ビタミンや酵素を生成する働きがあるため、健康や美容にとって重要な働きを行います。

 

便秘やその他の症状を改善するためにも積極的に摂って行きたい栄養素ですが、食事だけでは足りないと言う場合には、乳酸菌のサプリメントなどが販売されているためそれらを利用する事も可能です。