腸内環境の変化による健康への影響

善玉菌と悪玉菌が健康におよぼす影響

今では、知らない人が無いというくらい、お馴染みになったものとして、善玉菌や悪玉菌といった言葉を、よく耳にするようになってきました。それ程にまで、人の体の中で良い作用や、また悪い作用として働くこの菌のために、体がそれなり応じるようになってしまいます。

 

通常、健康な人の場合でしたら、善玉菌が沢山腸内にあり、有利になっているので、毎日の生活の中でも、特に便秘になることも無く、それに反し、下痢になってしまうこともありません。

 

しかしこれが一旦、悪玉菌が増えることにより、腸内のバランスが崩れ、お腹の中でガスが溜まったり、便秘は勿論のこと、色々な体調不良を、訴えるようになってしまいます

 

その原因になっている悪玉菌も、さまざまな要因を伴って、そのような状態になってしまっているものです。日常の食事一つとっても、繊維の無い柔らかなものばかりといった、食事内容では、当然のごとく腸内に、良い善玉菌を増やすことができません。

善玉菌を増やすための環境をつくる

善玉菌を体内に増やすためには、それに応じた環境を、体内に作ってあげることが必要となります。お腹が張って、ガスが溜まるような場合では、中で悪玉菌が増えることで、腸の中で腐敗を起こしていることになります。

 

食べたものの排出が悪くなり、体内に溜まることで、更に悪循環を招いてしまいます。そういった、良くない環境を変えるためには、食べ物に注意し、特に腸内に善玉菌を増やすような、良い習慣を持つことが必要になります。