腸の健康に大きく関わる菌

腸内に存在する3つの菌

腸内には100〜1000兆個ものたくさんの菌が存在していますが、大きく分けて腸に良い影響を与える善玉菌、悪影響を与える悪玉菌、そのどちらか数の多い方にその都度つく日和見菌の3タイプに分けられます。

 

このバランスが崩れて悪玉菌が増えてしまうと、善玉菌が減るという事で、善玉菌が多いと活発であるはずの腸の蠕動運動が弱まり、便の流れが滞りスムーズに排出する事ができなくなり便秘になってしまい、健康や美容に支障をきたす事になってしまいます

 

善玉菌に代表とされる菌はビフィズス菌と乳酸菌があります。これらの菌を増やすためにはこれらの菌の入った食品を食べる事が近道です。

善玉菌を増やすための餌となる食品

代表的なのは乳酸菌を多く含むヨーグルトですが、ほとんどの乳酸菌は胃酸で死滅してしまうので、大腸まで届く乳酸菌が入っている物を選んで食べる事が効果的です。

 

また乳酸菌の栄養となり、腸に到達するまでに死滅せずちゃんと届くオリゴ糖を摂取する事は、乳酸菌を増やす事に効果的です。食物繊維を摂る事も乳酸菌の栄養源となるので効果的です。

 

他には漬物や納豆などの発酵食品を摂る事も効果的です。腸で便に含まれる水分が少ないと便が硬くなり便秘が起こってしまいますが、乳酸菌は便に含まれる水分を調節する役割もあります。

 

加齢や偏った食生活、睡眠不足や運動不足、ストレスなどがあると悪玉菌を増やして善玉菌を減らしてしまう事になるので、毎日の食事の中で意識して善玉菌の多く含まれた食品を摂取する事は便秘解消に有効です。