善玉菌の摂取で病気に強くなる

善玉菌で免疫力がアップする理由

人間の腸内には腸内細菌と言われる細菌が数多くいて、その種類は乳酸菌を代表するような善玉菌と悪玉菌が存在します。健康な人の腸内の環境は、善玉菌と悪玉菌が上手に保たれていると言われています。

 

免疫力は加齢と共に年々減少していくものと言われていますので、身体全体が衰えていくことで正常な免疫細胞が作れなくなってきます。善玉菌は腸内を酸性にする効果があって、病原菌を退治したり、免疫力を高める効果があります。

 

乳酸菌やビフィズス菌などが該当するもので、食べ物の吸収や消化を促進してくれたり、腸管運動の促進やビタミンの合成などの働きを行います。腸内細菌は腸の中に住みつくことによって、壁面を覆って侵入してきた有害な菌の増殖を防ぐことで、体内の環境を守ってくれます。

免疫力が低下してしまう原因

腸内の免疫の仕組みを刺激する作用があることで、免疫力の働きを活性化させます。日本人の腸は低脂肪で高繊維の食事に適応してきたものとなっていますので、栄養バランスの悪い食事を多く摂取するようになっている昨今では様々な影響を受けます。

 

腸内細菌のバランスが乱れていることや、過労やストレス、睡眠不足などの生活習慣も含めて腸はダメージを受けます。その結果として善玉菌が減少して、悪玉菌が増えてしまいます。善玉菌を含んだ乳酸菌飲料や食物を摂取することで積極的に体内に取り込むことで、身体の悪玉菌を減少させて体内の環境を正常化させることができます。

 

体内の環境を正常化させることで免疫力を上げることができて、アレルギーや生活習慣病、がんなどから身を守ることができます。