覚えておきたい善玉菌の代表格

善玉菌の代表であるビフィズス菌と乳酸菌

腸内細菌には善玉と悪玉があり、その二つの菌のどちらかの割合によって腸内バランスが決まります。なので、善玉菌が悪玉菌より多いことが腸内環境に良いとされいています。

 

悪玉菌が優勢になると、便秘や腐敗による腸内悪化だけでなく、有害物質が腸壁が吸収し、血液によって体内を巡ってしまいます。黄色ブトウ球菌などウイルス感染症にも関わってしまいます。一方、善玉菌は、食べたものを分解し、腸内を酸性にして悪玉菌を減らしてくれます。

 

その代表といえば、ビフィズス菌などの乳酸菌で、胃酸などの消化液にも強く、酸素があっても生きられるので、生きたまましっかり腸まで届いて、整腸作用を促してくれる事で知られています。

乳酸菌の種類と働き

乳酸菌だけでも種類は多種であり、最近ではラクトバチルス属のカゼイ菌シロタ株が有名ですね。

 

また、細菌バランスにも関わってくる事から、冬の時期に大敵となるノロウイルスやインフルエンザの対策にも役立てられています。腸内環境を良く保つことは、有害物質を体内に流さないことであり、身体全体の免疫力を上げることにも繋がるのです。

 

日常生活の中で、出来る腸内環境のバランスを整える事で大切になるのは普段の食事を気をつけることです。善玉菌を優勢にする為には、積極的にヨーグルトなどの乳酸菌が含まれる発酵食品を継続して摂ることで改善がみられます。また、適度の運動とストレスをためない事も相乗効果となって、腸を中心に身体全体の健康にも役立ちます。