腸の健康を左右する日和見菌

日和見菌に悪さをさせない腸内環境をつくる

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在するというのは良く知られていますが、それらとは別に日和見菌と呼ばれるものも存在するというのはご存知でしょうか。日和見菌は善玉・悪玉いずれにも属さず、健康な状態の時にはビタミンを合成したりするなど、特に大きな問題のない細菌です。

 

しかし腸内で悪玉菌の数が増えてくると日和見菌は悪玉菌と共に働いて有害物質を作るなど、身体に様々な悪影響をもたらします。

 

具体的には硫化水素やアンモニアといった有害物質や発がん性物質を作る他、腸内を腐敗させて便秘や下痢を引き起こしたり、免疫力を低下させるなどといった働きをするようになります。

 

ですから日和見菌が悪玉菌とともに悪い働きをしないようにするためにも、腸内の善玉菌を増やす必要があるのです。善玉菌は悪玉菌による悪影響の抑制の他、ビタミンの合成、腸内環境を整えることで便秘や下痢の予防、また食物の消化吸収を促します。さらに免疫力を向上させる働きもありますので、感染症や風邪にかかりにくくなります。

規則正しい生活と食事バランスが大切

善玉菌や悪玉菌の腸内バランスを良くするには、しっかりと睡眠をとり規則正しく生活する事がまず大事です。また運動も適度に行う様にしましょう。食事はバランスよく食べるようにし、食物繊維もしっかり摂るよう心掛けて下さい。

 

さらに善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が豊富なヨーグルトを食べたり、麹菌や酵母菌、納豆菌の含まれる食品を積極的に食べることもおすすめです。